ノモア

no more, no less

制服による性差別

女子高生をナチュラルに消費することへのモヤモヤ - 田舎で底辺暮らし 女子高生をナチュラルに消費することへのモヤモヤ - 田舎で底辺暮らし とても共感できる記事だなと思いました。 モヤモヤしますね。 高校生が男女で制服交換 「らしさ」見つめる試み 山…

養育費の誤解

結婚してからのお金のこと - 悪あがきプログラマー こちらは養育費について掘り下げているわけではありませんが、よくある誤解が混ざっているなと思います。 子育て費用の目安というのを見てみると、 ●幼稚園から高校まで公立=573万円 ●幼稚園から高校まで…

仕事とお金の話

ひろゆき氏、終身雇用を夢見る若者に「バカなの?(笑)」 現実とのギャップを冷静に語る | ログミー[o_O] 終身雇用って、昔から大手務めの話みたいなところがあって、中小務めはそれなりに不安を持っている気がしますが、どうなのでしょう。 コラム:賃金は…

性的コンテンツに存在意義はない

「私」の問題と「構造」の問題 - masudamasterの日記 不遇の扱いを受けてきた男性が、「男性」という大きな括りで、女性達からポルノ消費者として責めたてられるのは問題である、という話のようです。 要は、「女性」で良い思いをしてこなかったんだから、女…

妊婦に『傷病手当金』を

aLa - 『田母神俊雄さんはTwitterを使っています: "女性は子供…』 へのコメント なんか得があるから雇うわけで、損だけ抽出するのはダメでしょ 2014/10/25 01:09 にブックマーク 女性が妊娠をしたり、産休をとる可能性があることぐらいは分かっていますよね…

「表現の自由」とは「口出ししてもいい権利」のこと

善意で話をややこしくする”関係ないのに怒る人”の恐怖とは? - トゥギャッチ ほりでいさんの小話は好きですが、今回のは現代病となっているくらい有り勝ちな間違いです。 ネットの「1000回怒られる風潮」は、自由権利の拡大が招いていることです。 民主的な…

年金制度の改善案「受給期間を上限20年にする」

年金問題のウソと改善案 - ノモア ↑に詳細を書いていますが、計算が細かくて長いので、こちらに要点を記載します。 改善案 ●年金受給期間を65~84歳の20年間にする。 ●年齢に関わらず、自活資産の無い方は生活保護を受給する。 ※85歳以上で金融資産5000万円…

データのミカタ:児童が巻き込まれる犯罪は減っているのか?

過去に幾つか統計データなどを用いた考察をしています。 男女別、離婚理由 - ノモア 交通事故と年齢はあまり関係がない - ノモア 年金問題は「バブル世代」の問題 - ノモア 痴漢と冤罪 - ノモア 性犯罪の実態 - ノモア 年金問題のウソと改善案 - ノモア 考察…

年金問題のウソと改善案

※以下数字は全て約数で表示します。 ※長いので、結論だけ読みたい方は最後の「改善案まとめ」「改善案のポイント」をお読みください。 年金制度の現状 年金問題で今の高齢者批判をしている方がいますが、間違いです。 年金制度は、大人2人で老人1人を支えれ…

障がい者の犯罪

はてなブックマーク - 全盲女子生徒 知的障害のある男性に話聞く NHKニュース 個々人の発言を追っているわけではないので、あくまでも全体のムードの話ですが、白杖の少女が巻き込まれたトラブルについて報道がされた時、多くの人は「ひどい!」という論調で…

子供に謝ることを覚えさせましょう

子どもに「謝りなさい!」と言っていませんか? - スズコ、考える。 このブログはいつもどこか宗教的ですね。単に非論理的なだけかな? あまり器用な方でないのかもしれませんが、親が嫌われると子供も嫌われますから、もう少し賢くても良いのではないかと思…

男性に中絶罪を

浮気は刑事罰化した方がいい - ノモア 私は、夫婦、内縁関係(可能であれば恋人間でも)の浮気を、親告罪として刑事罰化した方がいいと思っています。 現在でも不貞行為は違法ですから、刑事罰化は難しくないと思います。 親告罪にすれば選択の余地ができま…

性犯罪の実態

強姦件数は減少傾向にありますが、強制わいせつは平成11年あたりで急増したまま高水準を維持しています。 その加害者の9割が男性で、男性被害者に対する加害者も男性が多いです。 男女間のトラブルでは、男性側が加害者であるケースが圧倒的に多いです。 で…

公園と子供

児童公園が老人公園になっている件 - ままのおと この話にウーンと思ったので、ちょっと書きます。 話をまとめると、 時間潰しに息子と公園に行くと、サッカー・野球禁止となっているのに、低学年らしき子供達がサッカーをして遊んでいた。 ボール遊びできる…

男女別、離婚理由

本当に家庭円満?データで見る離婚についてのシビアすぎる妻たちの本音 | シンプルライフ 女性の生涯未婚率は2割程度なので、殆どの女性が男性と生きていくことを選択していると思いますが、近年の離婚率は高水準にあり、3組に1組が離婚します。 しかし一方…

浮気は刑事罰化した方がいい

浮気は男女共にするものだという前提で書きますが、 浮気を刑事罰化すべきだと思っています。 ※夫婦だけではなく、内縁関係や婚約関係でも適応した方がいいと思うので、感覚的に分かりやすくするために、不倫ではなく「浮気」と表現します。 刑事罰化の合理…

チャリティとアダルト産業

「おっぱい募金」というのが行われていましたが、「公然わいせつ罪」や「風営法違反」に該当する犯罪だと思います。 ある恋人のいる男性が、 「やってるの知らなくて、行けば良かった…絶対に楽しいって!」 と言っていました。 それを聞いた恋人はすごく悲し…

動物虐待という犯罪について

何者かが盲導犬を刺す 被害男性「これは自分の“傷”」 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース とても悲しい事件だと思いました。 怒りが込み上げてくる前に涙が出てきましたが、やっぱり許しがたいです。 私に人を燃やせる権利があるなら、犯人を瞬時に燃やします。 …

ナンパ行為に法規制を

1ヶ月ちょっと前にナンパされた理由がわかって改めて腹が立ってきた話 - さらさら録 ナンパは一方的な行為ですから、声をかけられる方は罵声を浴びせて追い払ったって文句を言われる筋合いはありません。 でも、声をかけられた女性の大半は、言い返せば犯罪…

経験主義者が増えていく

ネット文化に批判的な大人は、「頭でっかちになる」「まずは行動しろ」と言います。 でも、そんな心配しなくて、情報化社会では経験主義者が増えていくのではないかという気がしています。 ネットのおかげで、あらゆる分野で参入壁は下がっていると思います…

欲望の上限

「性を解放すれば、性犯罪はなくなる」、そういう主張をする人がいます。 きっと、その人達にとって(人間の)欲望の頂点は「性」なのでしょう。 性犯罪の98%は男性が加害者です。 その男性達の性欲は、背徳感やタブーが源になっていることが多いです。 で…

交通事故と年齢はあまり関係がない

運転し続けたい - NHK クローズアップ現代 最近、高齢者関係や煙草を扱う記事へのコメントは辛辣なものが目立ちます。 でも、感情論で権利主張だけするというのは、欲望にのみ従って生きているということであり、繰り返しているとモンスター化してしまいます…

「最近の若者は」ではなく

よく海へ行きますが、夏になると、ナンパと日焼けが目的の若者が急増します。 なぜ海に入らない人達がわざわざ汚れに来るのかといえば、露出できるからです。 露出の多さは男女の出会いにおいて重要です。 若者といっても大半はタトゥーを入れたDQN寄りの…

「セクハラ野次問題」の問題

自民・鈴木章浩都議、ヤジ認める 「早く結婚すれば」:朝日新聞デジタル 鈴木さんが謝罪しているニュースを旅先で見ました。 これはこれとして、「セクハラ野次」に関する記事の多くに違和感がありました。 「セクハラ野次問題」の問題 塩村さんがどんな方が…

「かわいそう」は親への不満

共働き家庭の子どもは「かわいそう」ですか?(小川たまか) - 個人 - Yahoo!ニュース こちらの記事に対する私の意見は以下です。 私は寂しかったし、相談もし難かったけどな。大人の目がない方が悪いこともしやすかった。共働き賛成だけど、親の愛情が自立を…

男女の力関係

男女はフィジカルにおいて不平等 - ハート♥剛毛系 私が高校生の時にも既に「あるある話」でしたし、私自身も何度も痴漢にあいましたから、こちらのブログを読んで、架空の話だと思っている人がいることに驚きました。 痴漢と冤罪 - ノモア 性犯罪は圧倒的に…

精神的自由権

精神的自由権: 思想および良心の自由、信教・表現・学問の自由など、特に憲法上、個人の精神活動として保障される自由権。 憲法第19条「思想・良心の自由」を前提とした、「表現の自由」などの権利がこれにあたります。 心の中で何を思っていても誰かの権利…

年金問題は「バブル世代」の問題

日本の人口動態:信じ難いほど縮みゆく国:JBpress(日本ビジネスプレス) 少子化や人口減少について危機感を煽る声があります。 しかし、人口減少(労働力の減少)と経済問題は直結しません。 100人が少しずつ税金を払うのでも、1人が沢山払うのでも、額が同…

痴漢と冤罪

突然「この人、痴漢です」と言われたら|sho_ya|note こちらの話は、事態を悪くすることはあっても、解決策にはなりません。 駅事務室に行くと,女性とは隔離され,話し合うこともできない。 男性側が駅員室へ行かなくても、女性は駅員室に行きますから、引…

自由の話(2)民法の三大原則

基本的に国民は自由に契約や選択などを行えますが、権利には制限もあります。 なぜ制限があるかというと、「泥棒も職種の一つだ!」「悪口を言うのも自由だ!」「浮気も売春も自由恋愛の内だ!」「権利者は王様だ!」といった風に、自分の損得だけで権利行使…