読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノモア

no more, no less

男性に中絶罪を

社会

浮気は刑事罰化した方がいい - ノモア

私は、夫婦、内縁関係(可能であれば恋人間でも)の浮気を、親告罪として刑事罰化した方がいいと思っています。

現在でも不貞行為は違法ですから、刑事罰化は難しくないと思います。

親告罪にすれば選択の余地ができますし、懲役刑なら執行猶予などにより制度の更生性も担保できると思います。

 

「姦通罪」ということになりますが、過去の姦通罪は妻側だけが罰を受けるものでしたから、復刻版ではなく、新しく男女平等に適応される罰則を作るべきです。

 

また、「中絶罪」も必要だと思っています。

ただし、中絶を禁止する法律ではなく、避妊を怠った男性に対する罰則です。

 

なんではてなって女の子育ての話になると発狂するんだろな。 無痛分娩に反..

 

こういった意見を聞くことがありますが、男性と女性は身体機能が違うため、いくら同権を主張しても、男女の性交リスクの差は自然には埋まりません。

 

避妊についても、男性がコンドームを装着するだけで済むのに対し、女性は副作用のあるピルを服用しなければいけません。

女性用コンドームも存在しますが、男性用ほど入手が簡単ではありませんし、コストもかかるため、今はまだ現実的な代物ではありません。

避妊でさえ女性には負担のある行為なのです。

 

また、自然妊娠に至るには射精が必要ですが、最終的には男性の判断となりますから、女性側にはコントロールしきれません。

それも強姦罪が男性に適応される由縁であると思いますが、いずれにしても性の問題は、まずは男性に正しい知識を持ってもらわないと改善が難しいです。

 

合意性に関わらず、男女にリスク差がある以上、義務が一緒では女性負担が重くなりすぎます。

 

そんな馬鹿な男と中出しセックス許した時点で女の自業自得じゃねーか ブラック企業に勤めて泣き言言ってるやつらとおんなじで、そんなクソな相手はさっさと捨てて次にいきゃいいじゃねーか

 

増田に書かれている通りにすると、バカな男に出あった女性が妊娠してしまったら、子供を産んでひとりで育てるか、中絶を選択するしかないということになります。

「さっさと捨てて次」で終わってしまうと、男性はその責任を一切負わず、女性だけが結果を押し付けられてしまうのです。

 

男性が憎くて罰則を強化しろというのではありません。

こういった男女差を解消するには、法的にリスクを振り分けるしかないということであり、男性側に中絶罪を設けるの方が程良い方法だということです。

 

中絶となると、女性だけが一方的に負担を強いられますが、本来、その結果責任は男女共に担わなければいけないものです。

 

中絶に至るような性行為をした女性側にも問題はありますが、中絶という行為によって傷つくのは女性自身ですから、あえて法律の中で罰則を設ける必要はないと思います。

 

でも、男性は性行為にも中絶にも身体的な痛みを伴いません。

女性と同程度の意識をもって用心をしろといっても、無理です。

当事者としての自覚がないから、「ダメなら次いけよ」なんて無責任なことが言えるわけで、リスクがなければ当事者意識なんてリアルには理解できません。

 

この女性だけが負担を強いられる構図は改善すべきものです。

 

きちんと避妊をすれば、かなりの確率で妊娠はしません。

避妊をしていれば、中絶の必要もなくなるのです。

妊娠を望まないのであれば、最初から避妊をすべきです。

避妊を怠って中絶へ至った罪は大きいと思います。

  

中絶罪を設けたとしても、性行為自体を禁止するわけではありません。

出産するための妊娠も全く問題ありません。

問題なのは、妊娠を望んでいないのに避妊を怠ることです。

 

性行為の権利を奪うわけではありませんし、既に倫理義務のあるものを明確化するだけですから、これを罰則化しても人権侵害には当らないと思います。

 

母乳強制、DV擁護、中絶禁止…安倍内閣・女性閣僚の「反女性」発言集|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見

 

母乳強制、DV擁護、中絶禁止…

インパクトがある字面が並んでいますが、「望ましい」という程度の話なら理解できる部分もあります。

でも、強制・擁護・禁止とまでなってしまうと、個別の事情を著しく無視することになります。

 

大人が幸せになれない国に生まれてくる子供は幸せでしょうかね?

その子達もいずれは大人になります。

「子供」という人種がいるわけではないし、ネバーランドでもありません。

 

生まれてくる子供達の中には、当然「女の子」もいます。

男性だけが人間であるわけではなく、女性も含めて「人間」です。

子供を産まない女性も、同性愛者も、結婚を選択しない人も、「人間」です。

そして、「人間」が幸せになれる社会の仕組みを考えるのが政治家の仕事です。

 

個人の幸福を叶えるために国があり、国のために国民がいるのではありません。

また、政治家の理想を叶えるために税金を払っているわけでもありません。

 

ただ、リテラであげられた女性議員さん達は、高市さんを除けば極右です。

彼女達は女性の代表ではなく極右の代表です。

これをもって女性の構成員が不要ということにはなりません。

 

側面的にみれば、これまでは男性が男性を選ぶ社会だったわけですから、今はまだ、女性は女性が選択する方がいいと思います。

しばらくは同性による多数決が公正性が高い方法だと思います。

 

いずれ本当の意味で男女同権となった時、性別関係なく判断するようになっていればいいと思います。

いま同権性だけを重視して女性を選んでも、男性の代弁者しか出てこないので、事態が改善することはないと思います。

 

 

広告を非表示にする