ノモア

no more, no less

障がい者の犯罪

はてなブックマーク - 全盲女子生徒 知的障害のある男性に話聞く NHKニュース

 

個々人の発言を追っているわけではないので、あくまでも全体のムードの話ですが、白杖の少女が巻き込まれたトラブルについて報道がされた時、多くの人は「ひどい!」という論調でした。

 

次に、NAVER障がい者批判のツイートがまとめられているのと見て、更に「ひどい!」という意見が増えました。

 

この流れは善意によるものであり、全く問題ないと思います。

 

引っかかるのは、その後、容疑者が知的傷害者であると報道された時の反応です。

「どう受け止めていいか分からない」「・・・(言葉にならない)」といった感じで、容疑者への同情が生まれたようでした。

 

犯人かどうかも分からないので、あくまで思考の題材として本件を考えたいと思いますが、

 

白杖の少女が暴行を受けたことに関しては、本当に嫌な事件だと思います。

しかし、事件規模として考えると、元々執行猶予がついたり、微罪とされる可能性もあったのではないかと思います。

ですから、加害者が障がい者かどうか(責任を問えるか)はあまり重要なポイントではないように思います。

健常者でも障がい者でも刑罰程度はさほど変わらないからです。

 

被害者が受けた被害も、再犯性も、加害者が健常者かどうかで変わるものではありませんし、どんな罰や更生措置が必要かを決めるのは裁判です。

 

考える必要がないという事ではなく、加害の有無が証明されるのであれば、あとは適切な罰や更生措置を与えればいいことであり、健常者かどうかはその段に考慮されることだと思うのです。

 

悪意をもって障がい者を排除したいと考えている人達からすれば、「障がい者はいない方がいい」という意見になるかもしれません。

逆に、一転ムードのように「加害障がい者を責めるのが忍びない」という意見になるかもしれません。

でも、私はこのどちらにも差別めいたものを感じます。

 

前者は言わずもがなですが、障がい者=犯罪者ではないので、障がい者ということを理由に減刑に傾くのも少し違うと思います。

障がい者の中にも良い人はいますし、そうでない人もいます。

それは健常者と何ら変わりません。

杖に躓いたからといって、全ての障がい者が人を蹴るわけではありません。

犯罪は個人の問題であり、そういった問題をカテゴライズして語ってしまうことに危険を感じます。

 

おそらく、加害者擁護は善意によるものだと思いますが、「○○だから許される」という特権階級は無い方がいいと思います。

 

 

それと、「少女の方が謝れば良かった」という意見を多くみましたが、この意見は何を言っているのか分かりませんでした。

 

わざと転ばせたのでない限り、相手の持ち物に足をかけて転んだのなら、謝るのは転んだ方です。

もし杖が破損するようなことがあれば、弁償する立場ですからね。

当然、人の持ち物を蹴った方が悪いです。

 

ここら辺は状況によりけりではありますが、杖が歩行を阻んだという報道ではなかったので、転んだ方の注意不足であったということだと思います。

 

注意義務は双方にありますが、一方が障がい者や子供等である場合は、相手方に強い注意義務が発生します。

今回はたまたま容疑者も障がい者でしたから、結果的に義務は相殺されるでしょうが、彼女に謝罪を求める意見が出た時点では、転んだ方の過失割合がかなり高かったと思います。

 

なぜそれで少女の方が謝罪しなければいけないことになるのか、全く理屈がわかりませんでした。

最も湧いてるな~と思った部分です。

 

考えた末、おそらく、自分に日常的に注意義務が課せられているという前提を理解していない人が多いのではないかと思い当りました。

 

常に「自分」は注意深く観察して危険を回避しなくてはいけない立場なのです。

たとえ誰かが邪魔なところに荷物を置いていても、避けようのない緊急事態でない限り、その荷物に躓いて転べば、荷物の持ち主に弁償を迫られても仕方がないわけです。

 

障がい者はラッシュ時に電車に乗るな」という人達は、障がい者が邪魔者にならないように自分達が行動を選択しなければいけないことを理解していないのだと思います。

 

もし邪魔だという理由で誰かを傷つけてもいいのなら、「学生ウザー」という理由で暴力をふるってもいいことになります。

都心のラッシュは100%以上の乗車率がありますから、労働者を優先すると考えて学生を弾くこともできてしまうわけです。

もちろん調整できる部分はすればいいと思いますが、基本的に、マナーやルールを守る限り、誰が乗ってもいいのが公共交通機関ですから、そんな無茶な排除の仕方はできません。

 

一番の原因はラッシュであり、日々異常事態が起こっているようなものですが、根本解決には大がかりな対策が必要だと思います。

 

それに今回はホームの外で起こったことであり、ラッシュの混雑は必ずしも関係しているとは言えません。

 

何かのせいにしてしまう前に、自分に何ができるかを考える方が、社会がより良くなっていく実感を得られるのではないかと思います。

広告を非表示にする